死亡事故の特殊性

死亡事故によって、大事な家族を突然に奪われた方の悲しみには非常に大きいものがあります。

死亡事故の被害者の家族の方は、死亡による悲しみの中で、ご葬儀、相続手続、に加えて加害者側の保険会社の対応や、加害者の刑事事件への対応をしないといけなくなります。

「葬儀」や「相続」など、ひとつだけでも大変な作業であるのに、そのほかのことまで対応しなければならなくなるというのは、とても大変なことです。

ご自分だけではなく、死亡事故の被害にあった、すべての家族の方が、とても大変な思いをしているのです。

ただ、ご安心ください。

ご自分にとっては初めてのことであっても、弁護士は、多くの交通事故を取り扱っています。

交通事故に強い弁護士は、死亡事故について、なにがどういう順番で発生してくるかということについて、くわしく説明することができます。

死亡事故は特殊であるからこそ、死亡事故をよく知っている弁護士にまかせてください。

また、吉田泰郎法律事務所は、被害者専門の弁護士です。

したがって、交通事故の被害者の方の気持ちも含めて、正しく対応することができます。

家族が死亡事故で亡くなった方は、ぜひ、吉田泰郎法律事務所に無料相談してください。



死亡事故の解決事例

死亡事故の遺族が弁護士の説明で安心した事例

息子の死亡事故。積極的に裁判に持ち込んで早期に解決した事例

息子の死亡事故。過失割合で勝利した事例

夫の死亡事故。賠償金を2000万円から4500万円に増額できた事例

 

 

 

関連ページ

関連ページ

弁護士の法律相談

家族が救急車で運ばれた方へ

死亡事故の損害賠償

死亡事故の場合には、加害者に対する損害賠償請求が特殊なものになります。

ですので、交通事故に詳しい弁護士に、ぜひご相談ください。

死亡事故の場合には、被害者の家族関係によって損害賠償の金額が変わってくるという部分があります。

とくに被害者の精神的な苦痛をあらわす「慰謝料」については、

家族の中で経済的な中心人物であった人が死亡した場合(夫など)……3000万円程度

経済的な中心人物に準じる立場の人が死亡した場合(妻など)…2500万円程度

それ以外の人が死亡した場合(子供など)……2200万円程度

という違いがあります。

このような、死亡事故に特有の問題について正しく対応できるのは弁護士だけですので、ぜひ、弁護士に相談してください。

刑事告訴手続

被害者が死亡する事故であった場合には、被害者の遺族の方は「犯人を厳しく処罰してほしい」と願っていることが多いのです。

この点について、厳しく処罰してほしいのであれば、刑事告訴という手続があります。

刑事告訴という方法は、刑事訴訟法という法律にしたがった手続です。

弁護士は,被害者の遺族の方が、犯人を厳しく処罰するために、刑事告訴手続をするサポートをすることができます。


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容