【交通事故の事件では裁判をすると有利になるのですか?】


裁判をした場合、有利になるか不利になるか、については、私の経験から言いますと、裁判を起こした方が有利だということが多いです。
勿論全ての場合ではありませんが、裁判というのは基本的な人権を尊重するために行なわれるものですから、被害者にとって有利になることが多いです。
特に、多少技術的な面ですけれども、裁判で判決をとった場合、明らかに有利なのが遅延損害金というものが請求できる点です。
この点は明らかに判決に有利な点だと思います。
遅延損害金とは、事故が発生した時に、理屈の上から言いますと事故が発生した時点ですぐに賠償金を払いなさいという請求権が発生する訳です。
事故が発生した日から年5%の遅延損害金の請求ができます。
遅延損害金は利息みたいなものと考えてください。
昨今の低金利時代ですから、年5%というのは被害者に十分有利な、言ってみたら利回りですね。
こういう遅延損害金が請求できるのは、判決の良いところです。
それからもう1つ、過失の割合について保険会社と被害者との間で意見の食い違いがどうしても出ることがあります。
話し合いによってもなかなか埋まらないことがあるので、その過失の割合について裁判所に見解を出してもらえる、というのもメリットであると思います。
それからもう1つ、裁判所で判決になった場合、弁護士費用として請求している金額の10%分を相手方に負担させることができます。
和解の場合でしたら、弁護士費用は自分が獲得できたお金から払われますが、判決になった場合は、請求した上で判決で認められた金額の10%分を相手方の負担にさせることができるという点があります。
このような点から、交通事故の事件では,判決の方が有利だと言うことができます。
【裁判するかどうか、いつ、どうやって決めればよいのでしょうか?】
ご相談を頂いた最初の段階では、裁判をするかしないかということは決める必要はないです。
勿論被害者の方が、最初から裁判して下さいと決められている場合であれば、弁護士も裁判前提で考えますけれども、大抵の場合、被害者の方は情報が不足している、情報が足りないという状態ですので、裁判をしていいものか分からないことが多いと思います。
そうであれば、まずは交通事故の事件については保険会社と交渉してみる。交渉した結果、お互いの言い分が合いました、あるいは保険会社がかなりこちらに譲歩してきましたという場合であれば、裁判の前に解決することができますので、最初から裁判と決めるのではなく、交渉を最初に行う。 その交渉段階で解決すればそれで良し、交渉段階で解決しなかった場合には、それは止むを得ない場合だから裁判をする、と段階的に考えていかれたらいいと思います。

他の動画も試聴してみましょう


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容