【保険会社が提示する損害賠償金に間違いはないのですか?】


交通事故の示談の話になってきたときに,保険会社が出してくる金額については、十分に考える必要があります。
まず私たち専門家から言いますと、保険会社が出してくる金額というのは、あまりに低すぎるのではないか、と思うことが多いです。
勿論何が正しいかというのは難しいところもありますし、法律的にはお互いの言い分が食い違うこともありますけれども、まず保険会社が最初に出してくる金額というのは、かなり低い基準を出してくることが多いです。
まず保険会社が出してくる保険の金額については最初に疑ってかかるべきだと考えております。
ですので、最初に出してきた示談案にはとりあえずサインはしない。
すぐにはサインをせずに、出してきた案を専門家に相談するなり、あるいは専門家に実際に見てもらうとか、見てもらってその金額が妥当なのか、妥当でないのかということを十分に考えて頂くと、慎重に対応をされた方がいいと思います。
仮に保険会社が低すぎる金額を出してきたとして、後で見ると「これはちょっと余りに低く過ぎるな~」と思ったとしても、一度サインしてハンコを押してしまったら、後で取り消すことはできません。
サインするのはいつでもできることですので、サインする前にじっくり考えて、いろんな方に相談するとか、会って話を聞くとかされた方がいいと思います。
【保険会社の言い分に納得できない場合はどうすればよいですか?】
保険会社の言い分に納得できない場合には、弁護士に相談することをお勧めします。
例えば、無料で相談できる窓口として、高松であれば香川県弁護士会という団体があります。
弁護士会と申しますのは、弁護士の集まっている団体です。公的な性格を持つ団体ですので、香川県弁護士会というところに相談するのも一つの考えです。
それから、こちらの吉田泰郎法律事務所ででも、保険会社の言い分に納得できないという場合には、相談料初回は無料にてご相談に乗っております。
ですので、弁護士である吉田泰郎事務所に来て頂いてご相談をさせて頂くことも十分可能ですので、どうぞお気軽に電話頂ければと思っております。

【保険会社が提示する損害賠償金に間違いはないのですか?】
保険会社が出してくる金額については、十分に考える必要があります。
まず私たち専門家から言いますと、保険会社が出してくる金額というのは、あまりに低すぎるのではないか、と思うことが多いです。
勿論何が正しいかというのは難しいところもありますし、法律的にはお互いの言い分が食い違うこともありますけれども、まず保険会社が最初に出してくる金額というのは、かなり低い基準を出してくることが多いです。
まず保険会社が出してくる保険の金額については最初に疑ってかかるべきだと考えております。
ですので、最初に出してきた示談案にはとりあえずサインはしない。
すぐにはサインをせずに、出してきた案を専門家に相談するなり、あるいは専門家に実際に見てもらうとか、見てもらってその金額が妥当なのか、妥当でないのかということを十分に考えて頂くと、慎重に対応をされた方がいいと思います。
仮に保険会社が低すぎる金額を出してきたとして、後で見ると「これはちょっと余りに低く過ぎるな~」と思ったとしても、一度サインしてハンコを押してしまったら、後で取り消すことはできません。
サインするのはいつでもできることですので、サインする前にじっくり考えて、いろんな方に相談するとか、会って話を聞くとかされた方がいいと思います。
【保険会社の言い分に納得できない場合はどうすればよいですか?】
保険会社の言い分に納得できない場合には、弁護士に相談することをお勧めします。
例えば、無料で相談できる窓口として、高松であれば香川県弁護士会という団体があります。
弁護士会と申しますのは、弁護士の集まっている団体です。公的な性格を持つ団体ですので、香川県弁護士会というところに相談するのも一つの考えです。
それから、こちらの吉田泰郎法律事務所ででも、保険会社の言い分に納得できないという場合には、相談料初回は無料にてご相談に乗っております。 ですので、弁護士である吉田泰郎事務所に来て頂いてご相談をさせて頂くことも十分可能ですので、どうぞお気軽に電話頂ければと思っております。

他の動画も試聴してみましょう


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容