【保険会社の提示してくる金額のどこに注目すればよいでしょうか?】


交通事故の場合、保険会社が出してくる金額はやはり見るべきポイントがあります。
私の経験で申しますと、損害賠償の金額のうち主に3点に注目して頂きたいと考えております。
3点と申しますのは、1つは慰謝料という項目です。
もう1つは逸失利益。
逸失利益と申しますのは、失われた逃した利益と書くのですが、逸失利益も注目すべき項目です。
それから過失割合。過失割合は過失相殺とも言いますが、これも注目すべき項目です。
この慰謝料、逸失利益、過失割合、この3点について特に注目して頂きたいと思います。
【「死亡慰謝料」とはなんですか?】
「死亡慰謝料」とは、死亡とは大変大きな苦痛を伴うものです。
勿論本人自身が苦痛に思うのは当然ですが、本人の家族、自分の配偶者あるいはお子様も大変な精神的苦痛を味わいます。
ですので、こういう精神的な苦痛を金銭的に評価した金額のことを言います。
慰謝料というのは、精神的な損害を填補するものだという風に考えてください。
「死亡慰謝料」というのは、死亡によって発生した精神的な損害を金銭的に評価した金額であると考えて頂きたい。
【死亡慰謝料は人によって違うのですか?】
死亡慰謝料は場合によって異なることがあります。
例えば、死亡事故の場合原則として2,000万円以上の金額になります。
だいたいどういう方の場合でも、2,000万円ぐらいというのはベースとしてあります。
原則として2,000万円を下るということは、あまりないと思います。
では、どういう人が2,000万円以上になるのか、ということですが、一つはご結婚されてご自分の配偶者がいる場合。配偶者と申しますのは、妻からすると夫、夫からすると妻、ご自分の結婚相手のことを言います。
ご自分の結婚相手が交通事故で亡くなってしまった場合には、残された遺族の方は大変大きな精神的な苦痛を味わいます。
ですので、通常の方に比べて、既に結婚されている方の配偶者が亡くなった場合には、通常の慰謝料より増額されるということがあります。
この場合には、勿論ケースバイケースではありますが、2,200万円ぐらいから2,500万円ぐらいとなることが多いです。
更にその上に、ご結婚されていてお子様もいらっしゃる場合、所謂一家の大黒柱の方の立場にある人の場合、例えば旦那さんが会社員勤めをされていて、奥様が専業主婦、お子様はまだ小さいという場合に、もし旦那さんが交通事故で亡くなってしまった場合は、一家は一家の稼ぎ頭を失うことになります。
稼ぎ頭を失ってしまうと生活的に困窮する、大変困ることになってしまう訳です。
そうしますと、大黒柱を失った一家は、経済的にも勿論大変ですが、精神的にも大きな苦痛を味わうことになります。
ですので、一家の大黒柱が亡くなった場合には、通常の方に比べて増額されることになります。
この場合には、だいたい2,800万円から3,000万円ぐらいというのが、死亡慰謝料としての相場的なものである、と言われております。

他の動画も試聴してみましょう


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容