【主婦にも逸失利益はあるのでしょうか?】


家庭の主婦の場合には、自分が働いていない訳ですから、直接的にお金を稼いでくる訳ではないですが、家庭の主婦が交通事故で亡くなった場合に逸失利益がゼロかと言うと、さすがにそういう訳ではありません。
と申しますのは、家庭の主婦の場合には、確かに自分は働いていないから稼いでいる訳ではないけれども、家事労働というものがある。
家事労働というものも、十分に価値のある労働です。
その価値がゼロかと言われれば、それは不公平に思います。
それに、世の中には専業主婦になる方もおりますが、専業主婦ではなく共働きをする方もおりますし、場合によってはご主人が働いていないけれども奥様が働いて家族を養っている家庭だってあります。
その中で専業主婦だけ逸失利益がゼロだというのは、非常に不公平になります。
そこで法律実務ではこういう風に考えております。
専業主婦の場合には、女性の全学歴全年齢平均と申しますが、女性の平均的な賃金をもって家事労働の価値と考えるという扱いをしています。
ですので、主婦の場合には、直接的には収入はないですが、家事労働ができなくなったという部分においてきちんと評価されます。
女子の平均的な賃金として評価されるということになっております。
【死亡事故の際、たまたま失業中だった場合逸失利益は発生しますか?】
たまたま失業中の場合に交通事故にあったから逸失利益がゼロとカウントされるのは、非常に不公平です。
今のご時世、たまたま失業してしまうことなんて幾らでもあります。 
そこで法律実務では、失業中であっても過去に自分が働いたことがあって、なおかつ働くことについて自分に意欲がある、働くつもりであってたまたま仕事を探しているんだ、ということを証明できた場合には、実際の収入はなかったとしても、合理的な金額の収入があったものだと仮定して、損害賠償の算定の基礎になる金額を払ってもらえることになっております。
ですので、たまたま失業中で無職だからといって、決してあきらめることなく粘り強く交渉して頂きたいと考えております。
この点、私は法律相談をしておりますと、未だに保険会社の方が、被害者がたまたま失業中であったことに囚われて、「収入がゼロだったのだから逸失利益はありません」と主張する例にかなり遭遇しております。
保険会社の主張を鵜呑みにせず、自分がおかしいと思うことについて、周りの人に訊くとか、専門的な窓口に相談するなどして、きちんと交渉して頂きたいと思います。

他の動画も試聴してみましょう


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容