【「過失相殺」、とは、なんですか?】


過失相殺というのは、交通事故が起こった場合、勿論本来加害者のミスで事故が起こる訳ですが、加害者のミスだけではなくて、被害者側にも一定の落ち度がある場合があります。
そういう場合、被害者側の落ち度も考えた上で損害賠償の金額を考えるということになります。
では、被害者の落ち度とはどういうものなのか。
例えば被害者の落ち度が仮に20%ある場合、仮に自分が受けた損害が1億円だとします。
その場合、過失相殺として20%引かれるとなりますと、1億円の20%分である2,000万円は被害者の負担になる。
被害者の負担になるということは、要するに保険会社は払ってくれないということです。
それで1億円の損害に対して加害者の落ち度である8,000万円が払われることになります。
ですので結局、損害賠償金額が被害者の過失割合の分だけ減額されることになります。
例えばどういう過失相殺になるのかと申しますと、横断歩道でない普通の道路を歩行者が横断している場合、歩行者は本来横断歩道を渡らなければならない訳で、横断歩道でない道路を渡っているのは一定の危険な行為です。
横断歩道のない道路を渡っている歩行者の場合、そこで事故にあった時には、加害者の車の落ち度だけではなくて、自分の落ち度も一定程度ある、という風に考えざるを得ません。
ですので、今の事例で横断歩道でない道路を歩行者が横断している場合には、原則として歩行者の方に20%の過失があるとされます。
勿論、この20%というものは、具体的な事故の対応によって違います。
例えば夜間に横断道路以外の道路を歩行者が横断している場合、車にとってみれば非常に危険で、発見が遅れます。
ですので、夜間の場合であれば、歩行者に更に過失があるということで、プラス10%ぐらい過失が認定されるという場合もあります。
更に、例えば自動車の側に速度違反、例えば制限速度が50キロのところを80キロで走って、30キロほど速度をオーバーしているような場合があります。
この場合には加害者に落ち度があります。ですので、加害者の落ち度を10%加算して考えるといったことがあります。
そういう具体的な状況によって、交通事故の過失割合というものは被害者の方に10%加算する場合もあれば、加害者の方に過失(割合)を10%加算するとか、更に20%加算するとか、過失の割合は変わってきます。

他の動画も試聴してみましょう


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容