弁護士の解決事例を紹介します。


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

 

※これらの実例は、ひとつの成功事例であり、成果を一般的に保証するものではありません。香川・高松での交通事故事件の成果はすべて個別の事情により異なります。

代表弁護士 吉田泰郎

昭和48年生まれ(丑年)
平成 4年 香川県立丸亀高等学校卒業
平成 4年 早稲田大学政治経済学部入学
平成 8年 同学部卒業
平成11年 最高裁判所司法研修所入所 第53期
平成12年 弁護士登録
平成14年 独立し法律事務所を創設

平成25年 香川・高松に事務所を移転

弁護士 吉田泰郎の自己紹介動画
左側の動画の画面の三角のマークをクリックすると動画が流れます。
音声が出ますので、ご注意ください。

お電話のでお問い合わせをする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容

香川・高松の交通事故の被害者の方からいただいた質問

質問・保険会社から出された示談金は,本当に増額するのでしょうか?

回答・当事務所では,保険会社が出してきた示談の提案を300通以上,拝見しています。

300通のうち,274通について「裁判で認められる金額と比較すると低い」という結論を出しました。
つまり,保険会社が出してきた示談の提案のうち約90パーセントは,より示談金額を増額できる可能性がある,ということです。 これは,東京や大阪であっても,香川・高松であっても,同じことであると考えています。

 

質問・かりに示談金額が増加しても,弁護士費用が発生すると,トータルで考えて香川・高松の交通事故の被害者が受け取る金額は減りませんか?

回答・吉田泰郎法律事務所では,被害者の方に負担をかけないために「被害者の受け取り金額がマイナスにならない保障」という制度をつけています。
これは,示談金額から弁護士費用を引いた金額が,弁護士が入る前に香川・高松の保険会社が提案した金額よりも少なくなる,というケースの場合には,弁護士費用を減額して,被害者の受け取り金額を弁護士が入る前に保険会社が提案していた金額に合わせるという制度です。
この制度があれば,被害者としては,「弁護士に依頼した場合に,最悪でもマイナスにはならない」ということで,安心して弁護士に依頼できると思います。

 

質問・交通事故で脊髄損傷の被害を受けた場合,保険会社に対して,香川・高松では,どのような請求をすることができるのでしょうか。

回答・脊髄損傷の被害を受けて,四肢麻痺という重大な被害を受けたときには後遺障害等級1級と認定される可能性があります。

1級の障害の場合,香川・高松では,将来の介護費用の請求もできますし,将来の労働能力の喪失が100%になりますので,被害者が将来に稼ぐはずであった収入をすべて賠償するように請求することができます。

もちろん,交通事故の内容によって異なる部分が大きいのですが,ときには損害賠償の金額が1億円~2億円を超える場合も珍しくはありません。
したがって,安易に保険会社と示談をするべきではなく,慎重に考えてからおこなうべきでしょう。

 


質問・保険会社との交渉で注意するべき点は,どういう点でしょうか。

回答・交通事故の損害賠償の話が本格化してから保険会社と示談交渉することになります。このとき,香川・高松での保険会社の最初の提案は,まず,拒否するべきでしょう。

最初から,ちゃんとした提案をしてくる保険会社は,非常に少ないのです。また,保険会社からの提案の計算根拠がわからない場合には,堂々と保険会社に,計算根拠をたずねるべきです。香川・高松でも,保険会社の人間によっては,計算根拠をちゃんと答えられない人も多いのです。

もし,示談をするべきかどうか迷っていれば,当事務所の「示談書再チェックサービス」を利用していただければ,香川・高松での交通事故について,無料で保険会社の出してきた示談書の再チェックサービスをおこなわせていただきます。

質問・ 「示談書再チェックサービス」では,どのようなことをしてもらえるのでしょうか。

回答・ 保険会社から示談の話が出てくるときには,「示談書」「損害明細」というような文書が出されることが多いのです。

これは,香川・高松の交通事故によって発生した損害を金銭として評価した場合に,「何円」の損害と評価するかという保険会社からの提案だと考えてよいです。

保険会社は「示談書」「損害明細」を,あまり説明せずに出してくることが多いです。

香川・高松の被害者は,交通事故で重大な被害を受けるということは,一生に一回,あるかないかということが多いでしょう。

ですから,被害者が保険会社の提案が正しいのか正しくないのかわからない,ということは,当然のことだとも思います。

そこで,交通事故の経験の深い弁護士が,被害者に代わりに,香川・高松の保険会社から出てきている「示談書」「損害明細」が正しいのか正しくないのかを判断するというサービスです。


このサービスは無料ですので,ぜひ,ご活用ください。

三角の矢印をクリックすると動画が流れます。 長さ9分42秒 (音声が出ます)

 

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容


全国交通事故弁護団

交通事故の示談で悩んでいる方のために香川・高松の弁護士が無料の法律相談をおこないます。

 

香川・高松の交通事故では,保険会社の出している損害金額

は裁判の基準と比較すると少ないことが多いのです。

 

そこで,交通事故にくわしい香川・高松の弁護士が被害者の方の代理人として保険会社と交渉をすることで,保険金額の増額をサポートすることができます。

 

とくに,香川・高松の交通事故で脊髄損傷の被害を受けた方の場合には,四肢麻痺という重大な結果が発生する事故に結びつく可能性が高いため,弁護士に相談をしたうえで,正しい保険金額をきちんと知ったうえで保険会社と示談をする必要があります。

 

香川・高松の弁護士に交通事故を相談する手間を惜しんだために,1億円や2億円を損してしまう,ということもあり得ます。

 

また,交通事故による脳外傷によって高次脳機能障害と認定された方の場合も,保険会社と示談をする前に香川・高松の弁護士に相談をすることが必要です。

 

香川・高松での交通事故による高次脳機能障害の場合には,見た目だけでは被害がわからないことが多いのですが,高次脳機能障害と認定された被害者は,日常生活を通常人と同じようにおくることが難しくなってしまっていることが多いのです。 そのため,家族の負担は大きいのです。

 

保険会社の言う事を安易に信じてしまって,高次脳機能障害によって発生している損害を正当に賠償してもらえるチャンスを失ってはなりません。 香川・高松の交通事故での示談金の増額サポートは,ぜひ,ご相談ください。

 

【コラム】

交通事故に巻き込まれたりした場合、体が元に戻るとは必ずしも限りません。
どんなに、医療が進んできても、取り戻せないものもあるわけです。
そういった状態を後遺障害といいますが、香川・高松では,自賠責保険では、その障害の度合いによって14等級に分かれています。
この等級によって保障される金額には大きな違いが出てきます。

当然受けた障害によって、十分な保証をするために等級がわかれているわけですが、医師が思う障害と等級の実態は必ずしも一致を見るとは限らなかったりするのです。
香川・高松で,交通事故に巻き込まれてしまうということは、とても不幸なことです、せめて正しい後遺障害認定を受けなければなりません。

そこで、香川・高松で交通事故の案件に強い弁護士は、しっかり保険金を受けられるようなアドバイスをします。

さらに、不満がある場合においても、異議の申し立てから裁判に持ち込むこともできますので、正当な権利として保障を請求することができるようになるのです。
香川・高松での交通事故については,異議申立を辞さない覚悟でのぞまれることをおすすめします。

【コラム】

交通事故の場合に弁護士費用を負担してくれる特約

香川・高松で交通事故を弁護士に依頼するとなると,といえば、高額な費用が発生してしまうのではないかと思いがちですが,弁護士費用特約に加入していればそれが負担ゼロになります。

交通事故などに巻き込まれた場合にも、弁護士を頼んだほうがいいケースはよくあります。
香川・高松の弁護士の力を借りるほうが妥当になるケースも多くあるわけです。

弁護士特約というものがこれにあたり、香川・高松での交通事故の場合に相談費用や示談交渉の費用を負担してくれるものになるのです。
中国四国地方以外の方へ

特約を組んでいるのにもかかわらず気が付かないことも多くありますので、香川・高松で交通事故に遭遇してしまう前に保険証書などをしっかりと読んでおくことも必要なのです。

→全国交通事故弁護団

s